忍者ブログ

忘れな草日記3

トワイライト・ゾーン専用ブログ。サークル「トワイライト・ゾーン」の最新情報や、雑記やお絵描きのページなどを公開していきます!
08«  2019/09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »10
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(3,907)阪神春競馬

 先週から、阪神競馬場で競馬が始まりました。春の開催は2ヶ月間続く、長い開催になるのですが、今年は中京競馬の代替開催があるので、夏競馬の直前の中京競馬の開催分の後半の1回分増えます。かくして、今年の高松宮記念(G1)は阪神競馬場で行われるという…。毎日杯(G3)が高松宮記念の日の阪神競馬のもともとの重賞レースだったのですが、2つまとめて重賞競走が行われるという華やかな開催になりますな。

 実際、昨年は春競馬だけで終わってしまっていたので、1年ぶりになります。実際には、真夏の小倉競馬の場外で阪神競馬で競馬をちょこっとやったぐらい。とりあえずは、実家にいる今の間に、また例のごとく、怒涛の12レースをやりたいなあ…などと思っています。

 阪神競馬場の春競馬は、僕が初めて競馬場に行って馬券を買って競馬をした開催。7年前のことになります。しかもそれが、開幕週に開催される、阪急杯(G3)の日の怒涛の12レースでした。気づけばもう7年も前のことになるんですね…。オトンに連れられて行って、ワイド馬券で当たることに味を占めて、競馬をやるようになってしまいました。

 

 予定としては、3月6日の阪神競馬1回4日目の怒涛の12レースのつもりです。この日は重賞のレースはありませんが、大阪城ステークスがメインレース。この時期にもなると新馬戦もかなり複雑な戦況を見せるだけに、難しくなるので、予想する上では面白い開催ではありますね。3月12日の「阪神スプリングジャンプ(G2)」のような障害の重賞も捨てがたいんですけどね…。

 スケジュールがこうなったのも、うちのオカンの仕業。ここ最近、うちのオカンもちょこちょこと馬券を買って競馬してたりするんですよ。毎週、メインレースのみですが、最近開設させた電話投票(A-PAT)で馬券を買って、競馬しているのだとか…。さすがに僕は毎週毎週、馬券を買って競馬というのは出来ないので、競馬場行って、1日の12レースに集中してやっていますが…。

 その電話投票(A-PAT)も、機械音痴の中高年にとっては、慣れないながらもプッシュホンのボタンを押して、投票に励んでおるようで…。インターネット投票(I-PAT)で馬柱を見ながら投票できたりしたほうが、きっと楽だと思うんですけどね…。僕だったらそうするんでしょうけども、PAT用の、みずほ銀行の口座を作る必要があるなど結構メンドクサイようで…。僕と同じ名前の義弟くんもI-PATで馬券を買えるようにしているとか…。

 ま、その場での決着が見られることも僕は好きなので、競馬場で馬券を買ってゴール板前でレースを見るというのがいちばんいいのです。ナンバーズ&ロトの抽選会を見に行くというのも、これとよく似た発想です。


 そういうわけもあって、オカンも怒涛の12レースをやるというわけで、3月6日の来週の阪神競馬4日目に参戦することに…。僕にとっても少しは当てておきたいところではあるので、馬をみながら、楽しんで行きたいと思っています。



 <余談> 競走馬「ワスレナグサ」は引退して、繁殖牝馬に!

 僕と同じ名前の競走馬「ワスレナグサ」。長らくレースに出ていなかったのですが、ついに昨年12月10日に引退していたことがわかりました。デビュー前から応援していた注目の馬だっただけに、長期間の戦線離脱からの引退というのは、とても寂しいです…。

 でも、うれしいことに引退して乗馬ではなく、繁殖牝馬として余生を送ることが決まっています! つまりこれからは子作りして、ワスレナグサの遺伝子を受け継ぐ仔馬が中央競馬で活躍してくれることと思います。繁殖牝馬としての「ワスレナグサ」にも今後も追いかけて行きたいと思います! G1ホースが登場するような、先行逃げの逃げ足のいい子に期待したいですね。がんばれ「ワスレナグサ」!

拍手[0回]

PR

(3,835)競走馬「ワスレナグサ」

 ここ最近、全く日記からは遠ざかっている話。競走馬の「ワスレナグサ」。3月の中京競馬のレースに出走して以降、まったく音沙汰もなく夏を越え、秋競馬を迎えてしまいました。さすがにここまで長く休養していると、今、どういう状況で、どうなっているのかが正直気になります。「シチー」と名のつく競走馬については、馬主の「友駿ホースクラブ」が近況報告をしているものの、他ではなかなか、そういう報告はしてくれませんし...。


 ここまで長らく休養しているということには、おそらく故障をきたしたか何かをしたのかもしれませんが、そういう情報もなかなか入ってこないのが確かなところ。webで諸々、情報を探そうとしても、ワスレナグサにたどり着く情報が一つも出てきません。今頃、何処かの牧場で放牧されて、のんびり休養してるんでしょうかね...。それとも、復帰間近でトレセンで調教も始めているのか...。そういう近況が欲しいところです。


 「ワスレナグサ」は、デビュー以前から注目していた競走馬。2007年のちょうど今頃、その当時注目していた「エリスシチー」が未勝利卒業ならず引退して、新たな注目馬を競馬ブックで探していたときに、登録馬名一覧に見つけたのが「ワスレナグサ」でした。その当時の「2歳新馬」の所に名前があったので、デビューから引退までずっと注目して行こうと思ったほどです。

 自分の名前と同じ馬の名前って、偶然とはいえ、そうそういませんし...。ありふれた花の名前にしたからという理由もありますけども...。春の阪神競馬、桜花賞の日には、「忘れな草賞」というレースもありますし...。


 デビューから早もうじき3年になります。5歳の秋を迎えました。競走馬で5歳というと、古馬ではあるものの、いちばんいい盛りの時期でもある訳で、今年の間に鮮烈な活躍を期待していたのですが、今の今まで音沙汰もなくここまで来てしまうと、なんだか寂しいものがありますね。競走馬登録を抹消した訳でもないので、引退したという訳でもないのですが...。

 ちなみに、すでに3勝を挙げている「ワスレナグサ」。未勝利、500万下、降級した後の500万下のレースを勝っていて、どのレースも先行逃げ切りのぶっちぎりの圧勝でした。初勝利は9馬身、2勝目は4馬身差を付けるほどの逃げ足の冴えるレースを今までしてきたのですが、当然、相手の差し馬や追込み馬に交わされて馬群に沈むということも良くあります。3着以内も7回ありますし...。なかなかの先行逃げ切りについては実力のある馬だと思っています。


 なかなか出走の機会が無いだけに、しばらく遠ざかっていたワスレナグサという競走馬がいるというお話。引退するまでには、競馬場で直接会ってみたい1頭ですね。美浦トレセンの所属の競走馬なので、なかなか京都・阪神まで遠征してくれることはないですが、いつかその日が来たときには、競馬場で会いにいきたいです。忘れな草がワスレナグサに相見えるという日がいつかは来ますように...。

拍手[1回]

(3,669)阪神夏競馬 -エリスシチーの兄弟馬のその後

  今年は、中京競馬場の改修工事に入ってしまったので、長い春の京都競馬の開催になりましたが、それも先週で終わり、今週末から、いよいよ阪神競馬場で夏競馬が始まります。といっても、今年は開催期間中に、競馬をしに阪神競馬場に行ける機会がなさそうですね…。

 無理に予定をねじ込んで、7月4日の日曜日の開催でちょっと息抜き程度で行きたいなあ…などと思っているのですが…。箕面市の一次試験の翌週ですが、例年どおりの最終週は韓国に飛ばされていますし…。春競馬も昨年末の冬競馬も、散々な結果で終っているんですけどねえ…。



 この開催から、今年の2歳新馬のレースが始まります。毎年、阪神競馬初日の2歳新馬戦の勝ち馬を、注目馬として毎年必ず追いかけているのですが、今年の一番星に輝く、注目馬になる馬はどんな馬か…。それも楽しみにしています。

 昨年の一番星だった「エーシンダックマン」は見事に、先ごろの東京優駿(日本ダービー)に出走を経験しましたが、8着に終っています。一番星になった馬とはいえども、3歳王者になるのは難しいというのが、よく分かりますね。



 今年の2歳馬、シチー軍団の中でも、まだ特に注目というのはいませんが、兄弟関係で、ずっと追いかけているのが、「エリスシチー」の兄弟馬は毎年、注目して追いかけています。今年の2歳馬は、もう「エリスシチー」が現役引退した後の兄弟馬ということで、お姉さん馬が現役だったころを知らない世代になってくるとは…。

 今年のエリスシチーの兄弟で、2歳新馬となるのは、「ゲルマンシチー」という牡馬。マンハッタンカフェ産駒ということで、エリスの時のように、実力、素質は十分あるようにも思えます。後は、レースに出走したと気の運の問題ですね…。エリスシチーが経験した、ハナ差2着でも、未勝利卒業できずに引退ということだけにはならないことを毎年願うものです。


 エリスシチーの兄弟馬の中でも、バリバリの現役で今でも頑張っているのが、4歳馬の「カーネリアンシチー」。この馬の場合は、南関東の川崎競馬で初勝利を挙げて、未勝利を脱出したという幸運も持っています。4月には中央初勝利を挙げ、ついに1,000万下のレースに、今週の福島競馬で出走を予定しています。1,000万下というと、「ワスレナグサ」と同じレベルで競馬をするということになる訳ですねー。


 また、「カーネリアンシチー」のひとつ下の妹馬で、3歳馬の「マーティントゥルー」というのがいます。先週、ようやくデビューを果たしたばかりの新馬です。この時期なので3歳未勝利のレースで出走経験のある馬との戦いになりますが、やはり未出走と出走済みの経験の違いは歴然としていて、18頭立ての16着でした。

 この「マーティントゥルー」だけは、シチー軍団の馬ではなく、個人馬主さんが先手必勝で買い付けてしまったために、他の兄弟馬と馬主が違うという訳です。ちなみに「トゥルー」は母馬「フレームオブトゥルース」が由来ということで、例のあれとはどうも関係がありませんが、ちょっと馬名も気になるところですけど…。



 2歳新馬が出てくる、今開催の阪神競馬。予定をこじ開けても、何処かで競馬場に行って競馬したいなあ…と思っているところです。今年の夏競馬はまだ行くかも決まっていませんが、できるだけ行けるようにしたいですねえ…。

  (1,363文字/mixi日記「(1,279)阪神夏競馬」(2010/06/15))

拍手[0回]

(3,522)ワスレナグサ

 私と同じ名前ということで、デビュー以前からの注目馬「ワスレナグサ」。先週末の段階で、今週末の特別競走への出馬登録をしていましたが、無事に出馬が決まっています。ひと冬越えて、年も改まったので、5歳になりましたが、まだまだ現役で十分やれるはずだと思います。今年中には、オープンクラスまで上がってくることを願わずにはいられません。

 明日の土曜日の中京競馬の最終レース「伊良湖特別」(1,000万下、ダート1,700m)に出走します。枠順は1枠2番ということで、内枠からのスタートということになりました。出馬表を見る限りでは、なかなか互角な相手が揃ったような気がします。休み明けということと、先行逃切り馬が、ワスレナグサ以外にもいるということで、印を付けるとしたら、▲か△ぐらい…?

 先行逃切りの馬なので、最後の直線に入ってくるまでは常に先頭にいるのですが、後ろから差されてしまって勝てないということが多いワスレナグサ。ただ、勝つときは、ぶっちぎりの圧勝(初勝利は9馬身差、2勝目は5馬身差、3勝目は4馬身差)なんですけどね…。


 今回のレースでは逃げ馬がもう1頭いるので、2番手につければ逆に前の馬のペースで流せるだろうし、直線で交わして差せる可能性もあるかもしれません。いつもと違うのは、ワスレナグサが単騎の逃げになることはないと思っています。出来れば、好位につけて、差す競馬も覚えてほしいと思っていたりもする。



 中京のダート1,700mのコースと言えば、ワスレナグサが初勝利を飾ったコースですよ。2着馬に9馬身差をつけたぶっちぎりの圧勝だったレース(2008/03/23:中京1R「3歳未勝利(牝馬限定)」)で使われたコース。この日は一昨年の春競馬に来ていた日で、阪神競馬場で、ゲートオープンから見ていたレースでした。このときも逃げた後、バックストレッチで後続を寄せ付けた後、3コーナーからまた勢いよく逃げるという作戦勝ちでした。そのときと全く同じコースなのですから、こういう気持ちのいいレースを期待したいものです。



 デビューする前から、競馬ブックの登録競走馬一覧を見ていて、新馬のページの最後の最後のほうに(「わ」で始まる名前だから)「ワスレナグサ」が載っていて、自分と同じ名前の馬がいることを知って以降、レースのたびに注目して来ていますが、実は“生「ワスレナグサ」”を見たことが一度もないんですよね…。

 美浦トレセン所属の関東の馬なので、東京・中山や今回のような中京までは遠征でやってくることがありますが、京都・阪神まで遠征してくることがないので、実際にお目にかかったことがありません…。一昨年の「忘れな草賞」に出馬登録して落選してから、阪神競馬のレースには登録すらしていませんし…。現役の間に、最低1回は、自分の目でワスレナグサに会ってみたいものです…。



 一昨年の「忘れな草賞」(3歳牝馬限定・オープン)で「ワスレナグサ」が出るかもしれないというのもあったんですけどねー。競走馬にもいますが、レースの名前にもなっている、私の名前(笑)。

 今年も、「桜花賞(G1)」の日(4月18日)の第8競走に「忘れな草賞」が組まれています。桜花賞には間に合わなかったけども、オークスには間に合う3歳牝馬が集うレース。私の注目馬では、一昨年に「チャーミングシチー」が出走していました。


 今年最初の「ワスレナグサ」のレース。枠順が決まれば、明日の出走までが楽しみです。人気も割れそうだし、オッズの行方も気になります。土曜日の中京の最終レースなので、家のテレビでゲートオープンから見ています…。

 (1,479文字/mixi日記 「(1,214)ワスレナグサ(2010/03/11)」 を修正

拍手[0回]

(3,514)阪神春競馬

 先週のコスカ遠征の週から、今年の阪神競馬が既に始まっています。昨日の日曜日まで4日目まで日程が終っています。この春開催は、第1回、第2回の連続開催の8週間の開催で、4月18日の皐月賞(G1)の週まで続きます。

 総ての中央競馬の競馬場で、総ての季節で競馬が開催されるのは、阪神競馬場ただ一つ(夏(第3回)は6~7月の宝塚記念、秋(第4回)は9月の神戸新聞杯、冬(第5回)は12月の阪神JF,ジャパンカップダート)で、季節ごとの開催の何処かの1日を使って、第1競走から最終第12競走までの怒涛の競馬に行く予定ですが……。

 今年は20日の土曜日の7日目の開催に行ってみようかなー…などと考えています。もう少し早くに計画を立てれれば、今週末の障害の重賞「阪神スプリングジャンプ(G3)」も見に行きたかったのですが、来週末は3連休なので、そこを使っての競馬を考えていました。

 20日の土曜日、メインレースは皐月賞トライアルの「若葉ステークス」。特別競走は、9レースの「伊丹ステークス」と10レースの「須磨特別」。もちろん障害(未勝利)競走が4レースに組まれています。さらに新馬戦がこの週で最後になりますね。



 春競馬は、私も競馬デビューしたときの開催で、6年前の春の開幕週に父と競馬場に行って阪急杯(G3)をやってみたのが最初。そこから夏以外の開催は、長期の休みなので帰省して競馬場というのがありましたが、それがもう6年も続くとは…。

 3年前から夏の第3回開催にも行くようにもなりましたが、冬は有馬記念の日の大競馬大会といい…。大負けしたり、2万馬券取って、大勝ちしたり…。ほとんどの開催で赤字ですけどね…。最近は大敗傾向なんですけど…けど…けど…。



 ◆ウオッカの引退

 一昨日知った事実ですが、「ウオッカ」が引退することになったそうですね…。ドバイ遠征中で、ひとつレースに出た後に、8着に敗れたことと、そのときに鼻出血をしたらしく、これ以上競走することは馬体にとってダメージが大きいということで、引退になったようですね…。

 2歳の時から、阪神JFで頭角を見せてからしばらく追いかけていた注目馬でしたが、ダービーを制して、安田記念の連覇、昨年のジャパンカップでの完全復活…。牝馬にも関わらず、不屈の勝負魂を見せてくれたのがすごく好きでした。

 この後は、アイルランドで繁殖牝馬として活躍するそうですが、既に、昨年の凱旋門賞の勝ち馬との種付けが決まっているようで、生まれてくる子馬がすごく楽しみですね♪


 ◆競走馬「ワスレナグサ」

 春競馬になって、私の名前と同じ競走馬の「ワスレナグサ」(♀、5歳)が、今週から本格始動ということで、今週土曜日の中京12レース「伊良湖特別」に出走登録しています。一冬越えて、差す競馬を覚えてきたのかも楽しみですが……多分、先行逃げの脚色は変っていないだろうと思います。

 とりあえず、木曜日に出走確定が出るまではなんともいえませんが、仮に特別競走に出られなくても、通常の1,000万下のレースに掛け持ちで登録してるだろうし、一般競走に出てくる可能性もありそう? 今年の最初のレースなので、とても楽しみにしています。

  (1,298文字/mixi日記「(1,209)阪神春競馬(2010/03/08)」を転載)

拍手[0回]

(3,403)阪神冬競馬

 土曜日の朝一番の、特急「スーパーはくと」で帰省を果たして、昨日は、例年のように有馬記念の日に、阪神競馬場へ行っての、怒涛の12レースという恒例行事で、昨日一日は、阪神競馬場で競馬をしていました。昨年は、冬コミ初日と重なってしまって、競馬のほうを優先させて、冬コミ初日は不参加になってしまいましたが、今年は日程も大丈夫なので、ばっちり12レースぶんの競馬と、有馬記念を愉しんできましたよ。結果がどうだったかはさておき…。

  有馬記念も終わり、2009年の中央競馬の全日程が終わりました。今年、私は、3月1日(1回阪神2日目)の春競馬、7月5日(3回阪神6日目)の夏競馬、9月21日(4回阪神4日目)の秋競馬、そして昨日(5回阪神8日目)の冬競馬と各開催ごとに競馬場で怒涛の12レースをやってきましたが、このうち、秋競馬で2万馬券を当てて、黒字にしてきた以外は、すべて赤字どころか、大敗しています…。

 今回の冬競馬も見事ながらに、大敗です。史上最大の大敗です…。ボイスで実況を飛ばしていましたが、散々な結果しか投げられませんでした…。的中しても、小粒ぞろいの的中でした…。的中したのも、6Rと7Rの2つのレースのみ…。散々でした(汗)。ただ、ほかの開催日程でも7Rの的中率は異常なほど高くて、7Rが獲れただけでもほっとしました(苦笑)。


 有馬記念(G1)は、阪神競馬場の新ターフビジョンの大画面で、参加メンバー全員で見ていました。軸馬に1着を「①枠2番:ブエナビスタ」、2着、3着のどちらかに「⑤枠9番:ドリームジャーニー」で後は、「マツリダゴッホ」「テイエムプリキュア」「フォゲッタブル」「セイウンワンダー」等をフォーメーションを組ませて馬券を買っていました。

 まあ、なんと言うか…ブエナビスタに期待しすぎたというか…。1,2着が裏返しになっていたのと、3着の「③枠6番:エアシェイディ」はノーマークだったこともあって、見事にすっ飛びました…。私以外のメンバーは確実に獲っているのに、自分だけが散々に…。


 初っ端の、阪神1Rでも、3,4着が写真判定に持ち込まれたものの、私だけハナ差で4着ではずしてしまって、ほか全員的中させているという,暗雲が漂う滑り出しは、結果的に最後まで尾を引いた感じです(涙)。

 ハナ差で着順が入れ替わって、3連単馬券を取り逃がした9Rのようなレースも。また、最終レースは、最初は5番の「バトルサクヤビメ」をはずさずに馬券に絡めていたのですが、6番の「リザーブカード」も気になっていて、買う馬券のうち、5番を6番に変えて馬券を買ってしまったがために、2着に5番の「バトルサクヤビメ」が来る…というレースも…。

 最終レースは迷って替えてしまったがために、48,090円の馬券を取り逃がしてしまって、これだけが非常に悔いが残ります…。泣きたいくらいです…。買い目を変えなければ良かったのに…。


 昨日の阪神競馬場には、注目馬が2頭出走していました。そのうちの7Rの「ピサノユリシーズ」は3着に絡んでくる好走で、前を捉える勢いだったのが、非常に今後も楽しみです。「ユリシーズ」という名前に興味を持った注目馬ですが、うちの看板娘の最年長ペア「百合佳&詩織」で「ゆりしーず」というのがあってのことで…。でも、この馬は牡馬なんですけどねー(汗)。

 10Rには「コパノジングー」。実績のある馬でも、今回は5着どまり…。馬券の軸だったのは言うまでもありません。自分の苗字がこういう苗字なので、研究室でも「ジングー」と呼ばれていることもあって、2,3年ほど前から密かに追いかけている注目馬です。実績もある1,000万下の馬だけに、まだまだ今後も期待できそう。


 今回は散々な大敗でしたが、次に気持ちを切り替えて、春競馬に! 次回は、3月の第1回開催の時期を考えています。阪神スプリングジャンプ(G2)か、阪神大賞典(G2)、あるいは今年と同じく、阪急杯(G3)の日を考えています。春競馬では、今回のような大敗がないように、競馬を始めたころのような「素直な賭け方」をして、地道に的中を重ねる競馬に変えていかないとな…。

拍手[0回]

(3,348)5重勝単勝式

 今週、来週の競馬の開催後の、12月の最後4週は、阪神競馬の開幕(第5回開催;4週間)になる訳ですが、今年も最終日の12月27日には、冬競馬ということで、怒涛の12レースと言う予定でいるのですが、この日は「有馬記念(G1)」の日。

 冬以外の開催では、私単独か、たまに母、まれにほうきさんというぐらいですが。この日だけは、参加メンバーが多くなる訳で…。今年は義弟も来る様なことを聞いてはいますが…。昨年は冬コミ初日と重なったので、初日は競馬で、2日目以降にコミケというスケジュールだったような…。今年はそういうことは無いので、まだいいか。


 既にもう、来年の開催日程が出ているのですが、阪神競馬場に関しては変更事項も無く、例年通りに開催されます。ただ、来年は中京競馬場の改修工事で、阪神夏競馬の前の中京開催が京都競馬へ、冬競馬の裏開催の中競馬が小倉競馬へ代替開催に。

 

 また、再来年から、新しい馬券の賭式が出来るというのを、昨日の配達してきた、読売の三面に載っていたのですが、その馬券が「5重勝単勝式」という今までの馬券の種類には全く無かった「重勝式」というものが出来ます!

 現在発売されている馬券は「連勝式」という、一つのレースで、決められた着順までに入る馬に投票するもの。「3連単」であれば、「3連勝単式」ということで、1~3着馬の着順を予想して投票するものであり、「馬連」であれば「馬番連勝複式」というのが正式な名前であり、1着、2着の馬を着順に関係なく予想して投票する訳です。

 もちろん、1着馬だけを予想する「単勝式」や3着までに入る馬を予想する「複勝式」もありますが、「枠連」をはじめ、現在ではほとんどが「連勝式」馬券といったところでしょう。

 

 これまでにも、昨年の秋華賞のような、「3連単」で1,092万馬券が出るような、競馬にしては「超」高額配当がでるのも、最近では珍しくなくなっているものの、オッズと着順の兼ね合いで、高配当でも、この程度のものです。「競馬で億」なんてのは、また夢のまた夢の話であると誰もが信じて止まないものです。


 それが、「重勝式」馬券が出来ることで、まさかの「1億馬券」がでるかもしれないと言う末恐ろしいことになるかもしれません…。

 「重勝式」とは、1日に行われるレースのうち、指定されたいくつかのレースの勝ち馬を予想して投票するもの。今回、中央競馬に出来る「5重勝単勝式」は1つの競馬場につき、12のレースが開催されるうちの指定された5つのレースの1着馬の組合せを予想するというもの。つまりは、単勝式を1点買いして5連勝する難しさということです。

 競馬のレースはフルゲートで18頭出走できます。つまり、一つのレースで18通りの選択肢があり、それが5レース分なので、組合せは最大で…

 18×18×18×18×18 =1,889,568 通り

 になる訳です。ロト6よりも当たり易いものの、3連単(4,896通り)よりも遥かに当たりにくい馬券なのです。こんな馬券が出れば、堅い競馬がずっと続かない限り、当たることは少ないかもしれませんね(汗)。高配当化はいいのですが、ちょっと考えてしまいます…。

 しかも、的中者がいない場合は、キャリーオーバーとして、翌日(週)の競馬開催に払戻しファンドを持ち越すという、競馬なのに、ロト6感覚になっているような気がします…。いかにも末恐ろしい馬券です…。

 

 実際には、競輪の方では「チャリロト」として、重勝式の車券をwebのみで発売していて、発走2分前までなら、webで投票ができるというのですが、これも意外と知られていないようで、キャリーオーバーがあったりしているのですが……。

 実はQP(クイックピック)方式で、TOTO BIGと同じ仕組みなのです。つもりに積もったキャリーオーバーのみで、的中がほとんどいないという…これでは、普及はしないわな…。


 JRAは、この重勝式の馬券発売に向けて、システムを構築中だそうで…これが実現する日が来たとき、馬券の買い方ってどうなってるんだろうな…と考えてしまったり…。昔も「枠連」までしかなった馬券も、「3連単」が出て驚くような配当が続くのだから、きっと有り得ない高額配当に驚かされるに違いないでしょうね…。



   (1,735文字/書き下ろし)

拍手[0回]

(3,341)忘れな草さんの「ワスレナグサ」馬券

  高校の同窓会などもありまして、日曜日の昼まで、実家の方にいたのですが、鳥取に戻る途中で、阪神競馬場に寄って帰りました。このところ、実家の母も義弟も、G1レースがあるごとに、夢を求めて馬券をたびたび、買いに行っているそうで、「エリザベス女王杯(G1)」の馬券を昼間のうちに買うと言うので、私も来るはずじゃなかったのに、競馬場へ…。


 かねがね、先週は土曜日の東京競馬の芝のレースに出馬登録していた「ワスレナグサ」が、昨日の日曜日に、特別競走からの抽選漏れで、ダートのレースで出走が決まっていたので、なかなか機会が無いと言うことで…

   200911162109000.jpg

 もちろん、競馬場に来て馬券を買わない訳には行かないので、ちゃんと買いましたよ☆ 「ワスレナグサ」の単勝と複勝のセット馬券を200円ずつ! ちなみに「ワスレナグサ」の馬券を買ったのは、昨年の春競馬で、未勝利戦で初勝利を収めたとき以来のこと。1着で、単勝も複勝も当たってしまったので、手元に馬券が残らなかったのですが、今回は何故か手元に残ってる…(苦笑)。当たっても換金には行けないしなー…。

 芝のレースではなくて、ダートの1,600mのレースに回ってくれたことで、一安心だったのですが、「ワスレナグサ」が出走した昨日の東京競馬の最終12レースは、強豪ぞろいのメンバーが多くて、逃切りは難しいレースなのは解かっていました。それでも、人気がよく割れた7番人気ということで、オッズもそこそこいいところで、(母が買った新聞だった)スポニチの評価は▲や△で、逃切りもあるような評価でしたね。


 今回のレースは最終12レースということで、自宅だったら、テレビでも見られたレースでしたが、帰宅の途中と言うことで、ゲートオープンからは見られませんでした。とまあ、いつものように、一気に先頭に立って行った後、4コーナーまでは、前を行かせない競馬をするのですが…

 直線の模様。最内にいる黄色い勝負服で、黄色い帽子(5枠)で最初はまだ先頭に残っているのですが、見る見るうちに、団子状態になった馬群から出てきた差し馬たちに交わされてしまって、結果は6着…! 差し馬にとっては、逃げ馬の独走は後々の勝負を考えて、狙ってくるのはしょうがないですが…。


 「ワスレナグサ」を管理している的場厩舎の調教助手さんのコメントにもあるように「逃げの競馬だけではなくて、「差せる競馬」を覚えさせていかないと…」。完全な差し馬ではなくて、未勝利卒業のレースのように、最初に突き抜けて、バックストレッチで後続をひきつけて、4コーナーでまた一気に突き放すような競馬がこの馬には理想だと思っています。ゲートオープンから行きたがる逃げ馬だと、後ろから切れる末脚は難しいでしょうし…。

 今回は、残念に終った「ワスレナグサ」の単+複勝馬券は、また次のレースに持ち越しです…。まだ馬自体が元気そうなので、年末までにもう1回、2回は出走してくれそうな感じですけど…。12月27日の競馬場で会えたらなあ…と密かに思う今日この頃です…。  

   (1,238文字/書き下ろし)

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カレンダー&時計

ブロック

最新CM

[10/10 元気]
[10/10 NONAME]
[09/07 AAA]
[09/06 TMAK]
[06/15 ダイヤモンドダスト]

最新TB

プロフィール

HN:
忘れな草
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1986/03/31

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

pixiv

pixiv最新投稿30傑。

Twitter

twitterでのツイートはこちら

忍者アナライズ

カテゴリー

アーカイブ

| HOME |
Copyright ©  -- 忘れな草日記3 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]